学校で起きる熱中症は社会全体の問題!2つの意識で変わる!

夏も本番になってきて、各地で40℃近い気温を観測しています。

 

毎年熱中症に注意とニュースでも呼びかけられていましたが、今年はちょっと洒落にならない雰囲気。

 

そんな中で熱中症による死亡事故が、学校で起きました。

 

ただこれはその学校だけの問題じゃなくて、日本社会全体に蔓延する問題。

 

なぜ炎天下の中で校外学習をする選択をしたのか

熱中症の疑いで小1男児が死亡 校外学習の後、学校で意識失う 校長「判断が甘かったことを痛感」 愛知・豊田市(中京テレビNEWS) - Yahoo!ニュース

 17日午後、愛知県豊田市の梅坪小学校の1年生の男児が、熱中症とみられる症状を訴え病院に運ばれましたが死亡しました。 

(中略)

 会見で梅坪小学校の藪下隆校長は「今回こういう高温の中で(校外学習へ)行かせてしまったことについては、結果的に大事な子どもの命が亡くなったので、判断が甘かったことを痛感しています」と話しました。

 

学校側は、まさか命を落とす事になるなんて思ってもなかったはずです。

 

恐らく「やらねばならない」行事として定められていて、暑いから中止にするという判断を下せなかったんだと思う。

 

なぜ命の危険を冒してまで「やらねばならない」のか。

 

命よりも優先される学びは、一つも存在しないはずです。

 

33℃以上の日は屋外は控えるなどの基準設定をするなりして、学校側が危機管理を持って未然に防ぐように意識徹底する必要がある。

 

国も各学校に少々判断が早くて結果的に実施出来ていたとしても、中止して何も問題ないと号令をかければいい。

 

この年代の子なら自己管理も難しいから学校全体でフォローする必要があるし、もう少し年齢を重ねた子なら生徒自身が、「危険だから私はやらない」と言い出せる環境を作らないといけません。

 

これは学校単体でも行う必要があるけれど、日本全体で取り組まないといけない問題です。

 

暑くて授業できないからって理由で夏休みがあるのに、暑い中で授業させてる時点で既に矛盾してるじゃないですか。

 

「昔はもっとヒドかった!クーラーなんてなかった!」

 

いつまで過去に生きてんだ?って話ですよ。

 

「なんでわざわざ暑いのを我慢しなくちゃいけないんだ!」

 

社会全体がこういう空気になっていれば、学校における熱中症は減るはずです。

 

命と健康が何よりも最優先

熱中症関連を追いかけていて見つけたツイートがこちらです。

 

話にならない。

 

炎天下の校庭を走らせるリスクもそうだし、この10週に何の意味があるのかも分からない。

 

それ以上に生理中ということは、そもそも体調がそぐわないにも関わらず走らせている。

 

体罰なんて意識も無いだろうし、行きすぎた指導という認識も無いんだと思う。

 

そして倒れたりしたら、「申し訳ありませんでした」と謝罪して終わるでしょう。

 

この数日だけでも熱中症で亡くなっている人が多数いるにも関わらず実施させるというのは、指導じゃなくて犯罪行為として扱われなきゃいけない。

 

学校で何も問題が起きないというのはあり得ないんです。絶対に問題は起きる。

 

だから問題が起きたことを悪いとするんじゃなくて、改善したことを評価していけばいい。

 

学校教育がそのまま社会に反映されていく訳なので、少しずつ社会全体の風通しも良くなっていきます。

 

精神論・根性論が全てじゃない

頑張るのはいいことだけど、頑張らないことも必要。

 

そういったことまで含めて、子どもに学ばせていくのが学校の役目のはず。

 

無理して頑張ったり、不要な苦しみの中で頑張ることを、美徳だと叩き込む場所ではないんです。