傾聴でコミニュケーションが上手くなる!大切な心がけは姿勢

 

人の話に耳を傾けることを傾聴と言います。

 

傾聴をすることで相手のことを、より理解することが出来てきます。

 

話す側になるのがあまり得意でない人でも、コミュニケーションが上手く行くようになります!

 

僕自身がまさにその一人です(笑)

 

これが出来ると、対人関係が本当にスムーズ!

 

傾聴すると相手が心を開く

これが正に一番大きな特徴。

 

相手が話をしっかり聞いてくれていると分かると、話しやすくなりませんか?

 

あれです、あれ。

 

そうすることで、相手は心を開いてくれるようになる。

 

心を開いてくれた相手とは、一歩踏み込んだ会話が出来るようになります。

 

逆に心を開いてない相手に、いろいろと話すわけないですもんね(笑)

 

興味のない話でも、興味のあるように見せるのが大事ですw

 

前のめりの姿勢を意識すれば、興味を持ってくれてるんだなと相手は感じてくれます。

 

話を遮らない

傾聴する上で大切なことは幾つかあるんですけど、基本はこれです。

 

相手の話を遮ってしまうと、話の腰を折っちゃいます。

 

遮られた相手は、「(結局自分の話をしたいだけかい)」と思ってしまう。

 

自分の言いたいことは、相手が話し終わってから!

 

適度な相槌

相手の話を聞くといっても、全く黙り込む必要は全然ないです。

 

講演を聴きに行ってる訳でもないので(笑)

 

適度に感情を込めて相槌を入れながら聞くようにすれば、相手の話にテンポが出て来ます。

 

このとき「うん」とか「はい」とかの中に、あなたの話を理解してますよというアピールを自然に入れられたらベスト!

 

言ってることは一緒なんだけど、言い方を少し変えてみるだけで、相手は「そうそう」と共感してくれます。

 

理解が追いつかない!というときは、素直に聞いちゃいましょう。

 

知ったかぶりをしちゃうのが一番ダメ。

 

傾聴と共感はセット

「(こいつ全然こっちの話に興味ないな)」と感じたら、もう話さなくていいやってなりますよね(笑)

 

それを防ぐために、まず傾聴する。

 

向こうの話に共感しながら、話を進める。

 

相手に共感をしてらうには、こっちも共感するのが一番手っ取り早いです(小声

 

そしてさっき書いたように、相槌の中に共感してもらえる反応をすること。

 

共感をするには、まず相手の話を聞かないと始まらないですよね。

 

なので傾聴と共感はセットになって来ます。

 

こちらの話も聞いてもらう

相手の話を一方的に聞いてるだけだと、こっちの言いたいことが溜まったりしますよね。

 

なので相手の話が終わったら、今度はこっちのターンです。

 

向こうの話をしっかり聞いていれば、相手もこっちの話を聞いてくれます。

 

その上で嚙み合わなかったら、それは仕方ない(笑)

 

まとめ

  • まず相手の話を前のめりに聞く
  • 相手の話を理解していることを伝える(もしくはそのフリ笑)
  • 共感をして聞き終わったら、こっちの話に入る

 

これを意識するだけでも、人とのコミニュケーションは変わってきます!